ニューカレドニア旅行記

ちょうど2016年年末に、かねてより行きたかったニューカレドニアに行ってきました。
以前からその場所のことは耳にしていて、ずっと頭の片隅にはあったのですが、なかなか行く機会がありませんでした。

しかしこのたびついにあこがれの地に赴くことができたので、個人的に楽しかったことを書いていこうと思います。

空港に降り立ち一番最初に感じたことは、気温の高さでした。
日本が冬ということは、南半球に位置するニューカレドニアは夏真っ盛り。

ニットを着込んでいた私はその暑さに驚きながらも、ついに来ることが出来たんだという期待に心を躍らせたのをよく覚えています。

ついたその日は深夜ということもあり、ホテルに着くなりすぐに寝てしまいました。
そして翌日から楽しい旅の幕が開けます。

旅の工程を簡単に書きますと、イルデパン島、ウベア島、首都ヌメアの3か所に滞在をしました。

一番の感想はやはりその海の綺麗さではないかと思います。
以前、ハワイに行ったときも綺麗だと思いましたが、個人的にニューカレドニアはその比ではないくらいの綺麗さと透明さでした。
シュノーケリングをしたときなどはあまりの綺麗さと、魚の多さに目を見張ったものです。

料理の面では、フランス領ということもありフランス料理がとても多かったです。
入った店にはずれはなく、食に関してもとても満足のいくものだったと思います。
またお国柄なのか、フランス語の話せない私にも英語でとても気さくに話しかけてくれました。

そのおかげもあり、とても楽しく滞在中を過ごすことが出来たと思います。
また機会があれば、ぜひ再び訪れたい知の一つです。
皆様もいかがですか。
以上、最近楽しかったことでした。

休みだからこそ出来る楽しみ

最近DVDを複数レンタルして夜通し観る時間がとても楽しいと感じます。
次の日に何も予定が無く、夜更かしが出来る日に気になっていた映画や昔観たアニメの映像などのDVDを5~6本借りて一日中観る時間がとても至福です。

最近は映画館に行く事が無くなり、気になる映画はあるものの中々観る機会がありませんでした。
それに、映画館に行くと一回の上映で1000円前後も払わなければならないので節約の為にも映画館からは自然と足が遠のいていきました。

しかしDVDだと1週間近く借りる事が出来ます。
さらに何と言っても映画館よりはるかに安い値段で複数の物を観る事が出来るので、部屋を暗くして映画館を模して観ています。
よく妹と2人で気になっている洋画や昔ながらのドラえもんやクレヨンしんちゃんの映画を借りて観ています。

20歳を超えているのですが、この歳になってから十数年前のアニメを観るとその良さを改めて感じるようになりました。
昔は何も感じなかった映像が、大人になってから再度観ると視点が変わったり、考え方が変わったり、感動する場面も幼少期に比べて多くあります。

不朽の名作と呼ばれているアニメの作品を友達や家族と一緒に鑑賞すると、昔とは違った気持ちになりながら観る事が出来ます。
誰かと一緒に観ている時間がとても楽しいです。

我が家で開催した鍋パーティー

昨夜、主人と友人の3人で鍋パーティーをしました。
友人は私達夫婦が現在のマンションを購入する際に担当してくださった不動産会社の方です。
年齢は私達よりも若いのですが、とてもしっかりしている青年でこちらも気兼ねすることなく同年代の友人と会話している感覚でいられるのでとても楽しいです。
ありがたいことに、彼も仕事を通じて私達と仲良くなったことを喜んでくれており、今回の鍋パーティーは彼の方から提案してくれました。

私事ですが、今年の夏に出産の予定があり去年の秋にそれまで勤めていた職場を退職し専業主婦になりました。
収入がなくなり自由にショッピングができなくなってしまったり、つわりがあり数ヶ月は外出せずに終日横になっていたりと人としゃべることが好きな私にはこの引きこもりがちの日々はかなり窮屈でした。
週末は主人がいるのでいきいきとしているのですが、平日は一人でいるのでなんとなく暗くなってしまいます。

そんな中、昨夜は久しぶりに友人が来てのプチ宴会。
朝から部屋の掃除をして、料理のメニューにも一層気合が入りました。
短い時間でしたがものすごく楽しい一時でした。

仕事をしていた頃は常に人と関わり笑っていることも多く、働いたお金でいろいろな方と飲み会やランチに行っていました。
今はそれがほとんどできていないので、昨夜のような一時が今の私の生きがいなんだなと感じ、主人、友人には感謝の気持ちでいっぱいになりました。